農業の効率化と肥料散布方法

施肥方法・肥料散布の効率化方法
フレコン活用のメリットや農業コスト削減効果

農業の効率化

農業で効率化やコスト削減が重要な理由

農業の効率化農業では、慢性的な人手不足や肥料や資材の高騰による生産コストの上昇という課題に直面しています。
さらに日本の農業者の多くが高齢であり、後継者不在の状況です。労働力不足や労働人口の高齢化に対応するためには、農業の効率化や自動化、デジタル技術の導入によって農作業の負担を軽減し、生産性を向上させることが求められています。
また、日本の農業は小規模かつ分散しており、これが生産性向上の障害となっています。面積の小さい農地では、現代の農業技術や機械を十分に活用することが難しく、生産コストが上昇してしまいます。規模拡大や共同組織の形成などを通じて、効率的な経営に取り組む事例もあります。
農業の効率化は現状の様々な課題に対処するために不可欠です。農業の効率化によって食料自給率の向上や地域経済の活性化、若手農業者の参入促進など、多岐にわたる利点が期待されます。

フレコン肥料×フレコン排出装置の省力化事例↓

施肥方法・肥料散布の課題

肥料に関連する課題

肥料に関する課題には、コストや人手不足による課題のほか、流通における課題があります。
現在、肥料は高騰傾向にあります。また人手不足や高齢化により従来通りの肥料散布方法では対応が難しく、なるべく人手や力を使わずに作業する方法が必要になっています。
肥料はフレコンバックや個袋で納入されます。肥料の流通には、肥料製造事業者から全農、経済連、JAを通じて農業者に届きます。輸入業者から購入する場合は、卸売り業者、小売業者などの窓口を介在します。市場に出される肥料はパレット化されていない場合も多いため、流通時に販売先が用意したパレットに載せ替えるという手間が発生しています。また物流全体としてトラックドライバーは年々不足しています。肥料流通における荷物の手積みや手降ろし作業が現場を圧迫し、今後肥料流通の遅れや運送費上昇につながる可能もあります。

個袋(バラ)の20kg肥料

20kg肥料袋個袋入りの20kg肥料袋は古くから使用されています。しかし、農作業の効率化を考える上でバラで購入するこの個袋の肥料袋にはいくつかのデメリットがあります。
20kgの肥料袋を事業規模の田畑に散布する場合、当然一袋では足りません。肥料袋を一つ一つ開封して中の肥料を取り出す作業が必要です。さらに開封後の肥料袋を大量に廃棄することになります。この開封や一つ一つ肥料散布機に投入する作業は、手作業で行うため非常に手間と労力が必要になります。

フレコン肥料にするメリット

個袋以外の肥料袋の選択肢としては、フレコンバックでの運搬・納入方法があります。
フレコンバックは手作業による手積みや手降ろしは不可能であるため、パレットに積載しフォークリフトによる機械荷役によって積み込みや積み降ろしされるため、トラックドライバーの負担が軽減し、作業時間も短縮します。

フレコン肥料にするメリット

肥料納入や運搬を20kg袋からフレコンに変更することで、コスト面や労力面で大きなメリットがあります。
まず多くの場合肥料を購入する際にバラで買うよりフレコンで購入した方がキロ単価が安くなるため、肥料の購入コストが削減できます。近年は肥料の高騰が続いているため、非常に大きなメリットとなります。
また肥料散布における労力や作業工程を大幅に削減できます。20kgの袋を手作業で持ち上げて、一つ一つ開けて機械に投入する手間が省け、投入が簡素化します。
フォークリフトを使用して移動や吊り上げをするため、作業に力が必要ありません。
さらにフレコンバック1つ分で、500kgから1トンの肥料が調達できるため、小分け肥料袋と違って袋の廃棄時もゴミの個数も減らすことができます。
堀富商工株式会社では、様々なサイズや容量、形状のフレコンバックを各種販売しております。→フレコン製品ページ

フレコン肥料フレコン肥料排出

フレコン肥料の倒壊や荷崩れ防止

フレコンバックの保管時に荷崩れや倒壊を防ぐには、4点づりフレコンバックに装着するだけで、効率的な段積み保管や輸送が可能になるホリバルクがおすすめです。
底部に開閉シャッターがあるため、装着したまま、排出作業も可能です。
→ホリバルク製品ページ

フレコン排出装置を使用するメリット

フレコン排出装置の製品カタログは、こちらからすぐダウンロードできます。

フレコン排出装置でさらに省力化・コスト削減

フレコンから肥料を投入するフレコンシャッターフレコン肥料を使用している場合、さらに省力化・コスト削減が可能になるフレコン排出装置がおすすめです。フレコン排出装置は、フレコンから機械への移し替え作業を省力化します。フレコンバックにフレコン排出装置をセットして、ブロードキャスターなどの肥料散布機に必要量だけ充填することで、肥料を無駄なく効率的に使用できます。
肥料散布機に20kg個袋を一つ一つ開封し、持ち上げて手作業で投入する作業が不要になるので、肥料投入作業の負担も大きく削減。フォークリフトを使用するので背骨や腰への負担も解消され、腰痛対策になります。
現在、フレコンバックと個袋を併用して使用している場合も、フレコン排出装置があれば、排出の一時停止や排出量のコントロールが容易なため、個袋が不要になり、フレコン肥料に一元化することでコストや手前を削減できます。

排出口がないフレコンバック用カッター

フレコンカッター
  • フレコンカッター
  • フレコンカッター
  • フレコン肥料の計量
商品名 ホリコンカッター
価格 ¥35,000/台+送料(運賃)+消費税
項目名
砂利・飼料・肥料・種子・穀物・ペレットなどに使用可能
フォークリフトでフレコンバックに突き刺すだけ
一人で簡単に、肥料をフレコンから必要量だけ正確に排出
排出の一時停止も簡単

排出口付きフレコンバック用シャッター

フレコン肥料シャッター
  • フレコン肥料シャッター
  • フレコン肥料排出
  • フレコン肥料小分け
商品名 ホリコンシャッター
価格 ¥35,000/台+送料(運賃)+消費税
項目名
砂利・飼料・肥料・種子・穀物・ペレットなどに使用可能
フレコンバックの排出口に装着するだけ
一人で簡単に、肥料をフレコンから必要量だけ正確に排出
排出の一時停止も簡単

フレコン活用に関するご相談

農業効率化のためのフレコンバック活用農作業におけるフレコンバックの活用に関するご相談は、堀富商工株式会社へ。
様々なサイズや計上のフレコンバック、フレコン排出装置ホリコンカッター・シャッター、フレコン荷崩れ防止「ホリバルク」、完全角形フレコンバック「ホリキューブ」など幅広く取り扱っております。肥料用だけではなく、米や穀物、飼料などにも使用できます。
→フレコン関連製品の一覧を見る

製品に関するご相談やご質問は、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。